老後 必要 生活費 蓄え 貯金

生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

老後の生活資金は平均いくら必要なの?

定年後は保険の見直しが必要だとイメージできる画像

 

老後に必要な生活資金と生命保険

 

老後に必要な生活資金は月平均額はいくら?

老後の生活費の総額は、「何歳まで生きるか」「どんな暮らしをしたいか」などの条件によって異なりますが、総務省の「家計調査報告」から必要な金額の目安を知ることができます。

 

総務省の「家計調査報告(2015年)」によると、高齢夫婦世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の無職世帯)の1ヶ月の生活費は、社会保険料なども含めて、平均で約27.5万円です。

 

この金額をもとに、この世帯で夫が男性の平均寿命に相当する80歳まで生きて、この15年間を夫婦で暮らすとすれば、約5,000万円になります。

 

毎月の生活費の内訳で最も多いのが「食料」の約6.2万円です。この費用を含めて、いわゆる「衣食住」に相当する支出だけで約3割を占めています。
ただし、ここでいう世帯の持ち家率は9割を超えています。このため住居には、修繕費などで約1.8万円しか計上されていません。

 

高齢期に賃貸物件に住む場合には、生活費がより多くかかる可能性が高いため注意が必要です。

 

また、意外とかかっているのが交際費(約3万円)です。身内や近所の冠婚葬祭や、親しい人と喫茶店でおしゃべりをする際の費用とみられます。書籍代や旅行などに充てる教養・娯楽(約2.6万円)も少なくはありません。

 

なお、この家計調査では、60歳以上の単身者の生活費は、平均で月約15.6万円となっています。

 

一方、生活保険文化センターが2013年度に実施した調査によると、レジャーや趣味などをさらに充実させた「ゆとりある老後」を送るには、夫婦2人では、平均で月に35.4万円が必要とされています。

 

老後に必要なお金を考える上では、毎月の生活費の他に、自動車や家電の買い替え費用や住まいのリフォーム代、大病をしたときの医療費など、臨時的な支出があり得ることも忘れないようにしましょう。

 

老後においては、現役時代のボーナスのような収入をあてにすることは、一般的ではありません。

 

年金を主な収入と考えて、自分なりの老後の家計を具体的に予想することが大切です(読売新聞2016.4より抜粋)。

 

老後に必要な生活費の月額
直接税・社会保険料 3.2万円
交際費など 5.9万円
教育・娯楽 2.6万円
交通費・通信費 2.7万円
保険医療、被服・履物、家具・家事用品 それぞれ1.5万円、0.7万円、0.9万円
住居 1.8万円
食料費 6.2万円

合計

27.5万円

総務省「家計調査報告(2015年)」をもとに作成 ※夫65歳以上、妻60歳以上の無職世帯。

 

上記の無職世帯が15年間夫婦で暮らすと、
27.5万円×12ヶ月×15年=4,950万円
結構な金額になりますね。


定年後の生命保険は死亡保障は最小限に

収入が減少するので死亡保障は最小限で保険節約がイメージできる画像

 

定年後は生命保険を見直し

 

収入が減少するので死亡保障は最小限で保険節約

 

定年を迎えたら、それまで加入していた保険を見直すのも選択肢の一つです。

 

ある程度の貯蓄などがあれば、現役世代のように高額な保障をかける必要は薄れます。

 

月々の保険料を圧縮できれば、家計の改善にもつながりやすくなります。

 

定年後の生命保険の保障は必要最低限に

定年後は収入が大きく減ります。

 

多くの人は年金や貯蓄を頼っての生活になります。長生きすればその分、生活費がかかり、病気や介護の費用も膨らみやすくなります。

 

このため、老後の家計はできる限り余計な出費を減らしたいところです。

 

まず、見直したいのが固定費である生命保険です。個人により異なりますが、子供が独立していれば、それほど大きな保障は必要ないケースが多いです。

 

世帯主が亡くなった際、残された配偶者には自分の年金に加えて、一定の条件を満たせば遺族年金も支給されます。

 

生活していくことだけを考えれば、それほど大きな保障は必要ありません。月々の保険料を減らして、貯蓄や退職金を残しておくことで、さまざまなリスクに備えることができます。

 

では、具体的にどう見直せばいいのでしょうか?


定年後の生命保険の必要保障額は?

 

生命保険の必要保障額は定年後に下げる

 

子供の独立後に生命保険を見直す

一般的に、生命保険の死亡保障は、世帯主の死亡後に遺族が生活していくために、必要な金額をカバーするのが目的です。具体的には、死亡後の総収入と総支出を補う分です。

 

総収入は遺族年金や預貯金の合計です。

 

総支出は以下のものの合計になります。

  • 子供が独立するまでの遺族生活費(現在の生活費の70%程が目安です)
  • 末子独立後の配偶者の生活費(現在の生活費の50%が目安です)
  • 住居費(住宅ローンや家賃)
  • 葬儀費用やその他の費用

の合計になります。

 

これらの差額を生命保険でカバーすべき保障額となります。

 

ただし、これは働き盛りの現役世代を前提にした考え方といわれます。

 

定年後で子供も独立している場合、家族にかかる費用は大きく減ります。

 

仮に住宅ローンが残っていたとしても、団体信用生命保険の死亡保険金で残った債務が支払われます。

 

生命保険のオススメがイメージできる画像

関連ページ

生命保険の入る時期まとめ!※いつがお得?ベストなタイミングは?
生命保険の入る時期まとめ!※いつがお得?ベストなタイミングは?生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険に入るのは年末調整前の方が控除額があってお得なの?
生命保険に入るのは年末調整前の方が控除額があってお得なの?生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
結婚前後の生命保険の相場と解約※受取人変更と見直し
結婚したら生命保険に入る準備を。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
学資保険は妊娠中に加入!いつからもらえる?いつ受け取る?
妊娠や出産は生命保険を考える時期です。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
学資保険代わりに終身保険の解約返戻金で教育資金や学費に利用
学資保険代わりに終身保険の解約返戻金で教育資金に備え学費に利用。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
住宅ローンを組んで住宅を購入したら生命保険見直しの時期
住宅ローンは生命保険の見直しのタイミング生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
30歳代の夫婦の生命保険の平均相場はいくら?見直し方法は?
30歳代の夫婦の生命保険の平均相場はいくら?見直し方法は?生命保険の見直し30代。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
30歳代夫婦で子供が産まれましたら生命保険見直しの時期
30歳代夫婦で子供が産まれましたら生命保険見直しの時期30歳代夫婦で住宅購入や子供の幼稚園入学で生命保険の見直し。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険の支払保険料を下げたい!30歳代の相場や目安は?
30歳代夫婦で子供2人の学費のため保険料を抑えたい下げたい相談です。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険のドル建てとは?20歳代の子持ちの夫婦でいくら?
生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
独身男性女性の生命保険は必要?平均相場と必要保障額のオススメ
独身男性女性の生命保険は不要?平均相場と必要保障額のオススメ独身男性や独身女性の生命保険の見直しと選び方。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。