年金払 定期保険特約 収入保障特約 相続税

生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

年金払定期保険特約(収入保障特約等)の相続税評価額

相続税対策の生命保険のメリットがイメージできる画像

 

年金払定期保険特約(収入保障特約等)の相続税評価額

 

年金払定期保険特約(収入保障特約等)の相続税評価額は?

先日夫が亡くなりました。

 

生前夫が受取人を妻である私とする年金払定期保険特約(収入保障特約等)に加入していたとのことで、死亡保険金を年金と一時金で受け取ることができなくなりました。

 

ただ、この場合に相続税が課税されると聞いたのですが、課税関係はどうなるのでしょうか?

 

契約形態
契約者(保険料負担者)
被保険者
保険金受取人
保険の種類 年金払定期保険特約(収入保障特約等)

 

年金払定期保険特約(収入保障特約等)の相続税評価額

 

年金払定期保険特約(収入保障特約等)の相続税評価額

契約者=被保険者である契約で、死亡保険金受取人が契約者以外の場合は、相続税の課税対象となります。

 

あらかじめ死亡保険金を年金で受け取ることとしている契約においては、定期金の権利の評価に基づいて年金受取額の相続税評価額を計算します。

 

年金の種類に応じて、有期年金、確定年金、終身年金、保証期間付有期年金、保証期間付終身年金等により、評価の方法が異なります。

 

なお、死亡保険金の非課税枠(500万円×法定相続人の数)の適用がありますので、死亡一時金と年金受給権の評価額との合計額から非課税枠の額を差し引くことができます。

 

また、年金を受給する点では、受取人には雑所得として所得税・住民税が課税されます。雑所得の計算方法については、最高裁の判決により大幅に変更になりました。

 

平成22年7月6日付最高裁判決において、従来の雑所得の計算方法は、税金の二重課税に該当するので違法であるとされ、年金の各支給額のうち相続税の課税対象となった部分については、所得税は非課税となるとされました。

 

この判決を踏まえて、課税部分と非課税部分に振り分けたうえで、課税部分の所得金額についてのみ課税対象とすることになりました。

 

具体的には、毎年支払いを受ける年金にかかわる所得税については、年金支給初年は全額非課税、2年目以降は課税部分が階段状に増加していく方法により計算します。

 

この課税部分の収入金額から、支払保険料に基づいて計算された必要経費を差し引いた額が雑所得金額となります。

 

この設問の場合のように一契約で一時金支払部分と年金支払部分を併せ持つ契約では、次のような算式により年金部分の保険料を計算します。
年金部分の保険料=既払込保険料×(年金年額×年金期間)÷(一時金の額+年金年額×年金期間)

 

⇒生命保険を活用した相続対策を税理士に相談はこちら♪


生命保険のオススメがイメージできる画像

関連ページ

死亡保険金の受取は相続財産※相続税と贈与税の税金
個人契約の死亡保険金の課税関係相続対策に生命保険は有効です。遺産分割対策、納税資金対策、相続税の節税対策すべてにおいて生命保険は活用できます。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険・女性向け保険・ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
死亡保険金の非課税枠※相続税法上の保険金の非課税限度額
死亡保険金の非課税枠 相続税法上の保険金の非課税限度額相続対策に生命保険は有効です。遺産分割対策、納税資金対策、相続税の節税対策すべてにおいて生命保険は活用できます。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険・女性向け保険・ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
死亡保険金と入院給付金や生前給付金を受け取った場合は相続税
死亡保険金と同時に入院給付金を受け取った場合は相続税相続対策に生命保険は有効です。遺産分割対策、納税資金対策、相続税の節税対策すべてにおいて生命保険は活用できます。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険・女性向け保険・ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
契約者貸付を受けていた保険契約にかかる保険金を相続により取得
契約者貸付を受けていた保険契約にかかる保険金を相続により取得相続対策に生命保険は有効です。遺産分割対策、納税資金対策、相続税の節税対策すべてにおいて生命保険は活用できます。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険・女性向け保険・ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
保険金の相続税※被保険者と受取人が同時に先に死亡した場合
被保険者と受取人が同時に死亡した場合の保険金の相続関係相続対策に生命保険は有効です。遺産分割対策、納税資金対策、相続税の節税対策すべてにおいて生命保険は活用できます。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険・女性向け保険・ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
相続放棄をした場合の死亡保険金と相続税※受け取れる?
相続放棄をした場合の死亡保険金の取り扱い 受け取れるのか。相続対策に生命保険は有効です。遺産分割対策、納税資金対策、相続税の節税対策すべてにおいて生命保険は活用できます。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険・女性向け保険・ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険金は相続の特別受益に該当しないケースとは?
生命保険金は特別受益に該当しないケースもあります。相続対策に生命保険は有効です。遺産分割対策、納税資金対策、相続税の節税対策すべてにおいて生命保険は活用できます。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険・女性向け保険・ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険で相続税の節税や非課税の対策を※遺産分割や納税準備
相続に生命保険が有効であるといわれる理由。相続対策に生命保険は有効です。遺産分割対策、納税資金対策、相続税の節税対策すべてにおいて生命保険は活用できます。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険・女性向け保険・ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険(個人年金)の年金受取と税金※名義契約者変更と贈与税
相続対策に生命保険は有効です。遺産分割対策、納税資金対策、相続税の節税対策すべてにおいて生命保険は活用できます。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険・女性向け保険・ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。