低解約 定期保険 比較

生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

法人契約定期保険(低解約型)の保険料と解約返戻金を生命保険会社毎に比較

法人契約の生命保険の比較がイメージできる画像

 

法人契約の低解約定期保険を生命保険会社毎に比較

 

法人契約の定期保険(低解約型)の商品別に比較

御社の法人契約の保険は、目的別に分散契約できてますか?生命保険会社毎の保険料と解約返戻金を比較してみました。

 

比較対象となる生命保険は、会社を経営されている方が法人契約の保険です。

 

次は、定期保険(低解約型)の商品別に比較しました。
保険金額1億円、契約時年齢50歳でT生命、N生命、A生命の3社を比較してみましょう。

 

※比較表には、保険商品の内容の全てが記載されているものではないため、参考資料としてご利用下さい。

 

※比較表に記載された保険商品の内容については、必ず「契約概要」やパンフレットにおいて全般的にご確認下さい。

 

※保険選択の際には、保険料だけでなく、保障内容等の他の要素も考慮に入れた上で比較・検討することが必要です。

 

※前提条件の相違により保険料が異なる場合がありますので、実際に適用される保険料については保険会社やライフプランナーにお問い合わせ下さい。


T生命の保険料と解約返戻金と解約返戻率

 

T生命の保険料と解約返戻金と解約返戻率

 

T生命の契約内容
契約者 会社
被保険者 社長(年齢50歳)
保険金受取人 会社
保険会社名 T生命
保険の種類 定期保険低解約返戻金特則付加
S&P格付(H28.4現在) A+
保険金額 1億円
保険料 2,677,200円
払込方法 年払

 

T生命の保険料と解約返戻金と解約返戻率の表

経過年数

保険料累計

解約返戻金

返戻率(実質返戻率)

1年

2,677,200

860,000

32.1%(38.8%)

2年

5,354,400

2,640,000

49.3%(59.6%)

3年

8,031,600

4,420,000

55.0%(66.6%)

4年

10,708,800

6,200,000

57.9%(70.0%)

5年

13,386,000

7,980,000

59.6%(72.1%)

10年

26,772,000

16,930,000

63.2%(76.5%)

15年

40,158,000

36,360,000

90.5%(109.5%)

16年

42,835,200

38,740,000

90.4%(109.4%)

17年

45,512,400

41,100,000

90.3%(109.2%)

18年

48,189,600

43,430,000

90.1%(109.0%)

19年

50,866,800

45,730,000

89.9%(108.7%)

20年

53,544,000

47,990,000

89.6%(108.4%)

25年

66,930,000

58,810,000

87.9%(106.3%)

N生命の保険料と解約返戻金と解約返戻率

 

N生命の保険料と解約返戻金と解約返戻率

 

N生命の契約内容
契約者 会社
被保険者 社長(年齢50歳)
保険金受取人 会社
保険会社名 N生命
保険の種類 低解約返戻金型定期保険
S&P格付(H28.4現在) A-
保険金額 1億円
保険料 2,741,400円
払込方法 年払

 

N生命の保険料と解約返戻金と解約返戻率の表

経過年数

保険料累計

解約返戻金

返戻率(実質返戻率)

1年

2,741,400

10,000

0.4%(0.4%)

2年

5,482,800

2,060,000

37.6%(45.4%)

3年

8,224,200

4,100,000

49.9%(60.3%)

4年

10,965,600

6,140,000

56.0%(67.7%)

5年

13,707,000

8,200,000

59.8%(72.3%)

10年

27,414,000

16,540,000

60.3%(73.0%)

15年

41,121,000

35,690,000

86.8%(105.0%)

16年

43,862,400

38,070,000

86.8%(105.0%)

17年

46,603,800

40,430,000

86.8%(104.9%)

18年

49,345,200

42,760,000

86.7%(104.8%)

19年

52,086,600

45,070,000

86.5%(104.6%)

20年

54,828,000

47,340,000

86.3%(104.4%)

25年

68,535,000

58,300,000

85.1%(102.9%)

A生命の保険料と解約返戻金と解約返戻率

 

A生命の保険料と解約返戻金と解約返戻率

 

A生命の契約内容
契約者 会社
被保険者 社長(年齢50歳)
保険金受取人 会社
保険会社名 A生命
保険の種類 低払い戻し金型定期保険
S&P格付(H28.4現在) A+
保険金額 1億円
保険料 2,800,900円
払込方法 年払

 

A生命の保険料と解約返戻金と解約返戻率の表

経過年数

保険料累計

解約返戻金

返戻率(実質返戻率)

1年

2,800,900

1,270,000

45.3%(54.8%)

2年

5,601,800

2,970,000

53.0%(64.1%)

3年

8,402,700

4,660,000

55.5%(67.1%)

4年

11,203,600

6,370,000

56.9%(68.8%)

5年

14,004,500

8,070,000

57.6%(69.7%)

10年

28,009,000

16,670,000

59.5%(72.0%)

15年

42,013,500

35,830,000

85.3%(103.1%)

16年

44,814,400

38,190,000

85.2%(103.1%)

17年

47,615,300

40,530,000

85.1%(102.9%)

18年

50,416,200

42,830,000

85.0%(102.7%)

19年

53,217,100

45,110,000

84.8%(102.5%)

20年

56,018,000

47,350,000

84.5%(102.2%)

25年

70,022,500

58,050,000

82.9%(100.3%)

 

支払保険料の累計額の差額を比較

 

生命保険会社、T生命、N生命、A生命、の3社別に支払保険料の累計額の差額を比較してみました。

支払保険料の累計額

T生命

N生命

A生命

10年後

26,772,000円

27,414,000円

28,009,000円

15年後

40,158,000円

41,121,000円

42,013,500円

20年後

53,544,000円

54,828,000円

56,018,000円

25年後

66,930,000円

68,535,000円

70,022,500円

 

T生命、N生命、A生命、の3社を比較した結果

 

支払保険料累計額の差は?!

上記の表からわかるように、低解約型の定期保険の支払保険料の累計額で見ると25年後最も支払保険料の合計額が多いのは、A生命の70,022,500円です。
最も少ない会社は、T生命の66,930,000円です。
A生命とT生命の25年間支払った保険料累計額の差額は、3,092,500円にもなります。

 

生命保険の商品の違いによって、その会社の保険が他社に比べていい場合もあれば、逆に悪い場合もあります。

 

生命保険を選択する場合には、複数の保険会社の商品内容を比較検討することが大切です。
比較検討をするために、複数のライフプランナーや窓口で相談されることを絶対におすすめ致します。

生命保険のオススメがイメージできる画像

関連ページ

生命保険と税金の種類|生命保険料控除は年末調整か確定申告
生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
満期保険金や死亡保険金を誰が受け取るかで税金の種類が変わる
満期保険金や死亡保険金を誰が受け取るかで税金の種類が変わる。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
法人契約生命保険で退職金準備と節税対策と福利厚生|名義変更
生命保険を法人契約で役員退職金を準備と法人税の節税対策。長期平準定期保険と逓増定期保険を活用し役員退職金を準備。法人契約で生命保険に加入するメリットの一つとして法人税の節税対策があります。役員退職金準備や従業員への福利厚生プランなどは法人契約ならではの特徴といえます。解約返戻金と退職金を相殺することで決算書を赤字にすることなく退職金を得ることも可能です。
保険会社別の保険料と解約返戻金を比較※法人契約の生命保険
保険会社別の保険料と解約返戻金を比較※法人契約の生命保険。50歳代の生命保険の選び方と見直し|保険料と解約返戻金比較。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
自社株対策の法人契約生命保険料の比較|30歳代後継者事業承継
自社株対策の法人契約生命保険料の比較|30歳代後継者事業承継。法人契約で生命保険に加入するメリットの一つとして法人税の節税対策があります。役員退職金準備や従業員への福利厚生プランなどは法人契約ならではの特徴といえます。解約返戻金と退職金を相殺することで決算書を赤字にすることなく退職金を得ることも可能です。