生命保険 更新型 アカウント型 解約 デメリット

生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

アカウント型生命保険のデメリット

おすすめできないアカウント型生命保険がイメージできる画像

 

アカウント型保険のデメリット

2001年4月の予定利率低下と同時に「利率変動型積立終身保険」が相次いで登場しました。明治安田生命の商品「ライフアカウントL.A.」がそのさきがけとなったことから「アカウント型」と呼ばれることがあります。

 

アカウント型生命保険とは?

アカウント保険とは、保険料の中に「アカウント部分(いいかえれば、貯金)」があって、保障を大きくしたければその貯金部分から保険料を出し、保障を小さくして、浮いた保険料はアカウント部分に貯金する、というものです。

 

保障を大きくしたければ保険料を自分が負担して多くすればよいでしょうし、保障を小さくしたければ保険料を少なくすればよいのですが、、、
なぜ、余計なお金を生命保険会社に預けておかなければならないのか?疑問に思わないといけません。

 

「定期付終身保険」の場合は、「終身保険」と名乗るために、たとえ少額であっても、「終身保険」がセットされています。たとえ少額であったとしても、「終身保険」が存在すれば、名前の中に「終身保険」を入れても問題がありません。

 

しかし、アカウント型保険の中身には、全く終身保障される保険が存在しません。なのに、正式名称は「利率積立型終身保険」として販売されています。


アカウント型生命保険の特徴

おすすめできないアカウント型生命保険がイメージできる画像

 

アカウント型保険の特徴

 

アカウント型生命保険もオススメできない

 

アカウント型は、「保障部分」と「積立部分」が明確に区別されています。積立部分については、契約者の自由な出し入れが可能です。

 

従来の保険では、契約時点で決められた枠組みを変更することは難しかったのですが、アカウント型では積立部分を保障に回すことなどにより保険料の増額や契約の転換をせずに保障を増やすことが可能となります。

 

アカウント型では、積立部分に資金がある場合には、それを保険料にあてることができます。このため保障額や保険期間を変更せずに保険料を減らすことが可能です。

 

更新時に各種特約の保険料がアップする場合積立部分の金額を保障に回すことで、保険料を更新前と同じにすることができます(積立部分の保険料が少なくなります)。

 

保険料払込期間満了後に積立部分を終身保険に移行したり、年金、一時金として受け取ることができます。

 

アカウント型保険は逆ザヤが発生しない

アカウント型の生命保険の場合、「貯蓄」部分にあたる積立部分の予定利率は、1年または3年ごとに見直しされることになっています。

 

このため、生命保険会社にとっては、「逆ザヤ」が起こりません。そして、一方で契約者にとっては、将来の予定利率上昇を期待して積み立てることができます。

 

現在の積立部分の予定利率は1.15%程度ですが、今後予定利率が上昇に転じる場合には、契約時の予定利率より条件がよくなるというメリットがあります。

 

契約者には年に1回、契約保険料の内訳や積立部分の金額がいくらか、などを示した年次レポートが各生命保険会社から送られてきます。
その状況により保障の内容を見直すことができますので、見直しを前提とした保険ということが言えるかもしれません。


アカウント型保険とは利率変動型終身保険

おすすめできないアカウント型生命保険がイメージできる画像

 

アカウント型保険の正式名称は?

 

アカウント型保険は利率変動型終身保険

「利率変動型積立保険」が別名「アカウント型」とも言われ、2001年4月以降に相次いで販売されている保険商品です。

 

従来の定期付終身保険に代わる保険として注目されて?いますが、保険について知識の少ない一般の人にもわかりやすい内容にする必要があると指摘されています。

 

実質は、おすすめできない生命保険ですね。

 

定期付終身保険と同様に加入からおおよそ65歳までは低額な保険料で、長い年数大きな保障をして差し上げてたわけじゃないですか?
65歳以降のことは知りませんよ!!と、生命保険営業マンが言っているようなものです。

 

みなさんの保険は大丈夫ですか?


積立利率変動型終身保険と利率変動型積立終身保険 

おすすめできないアカウント型生命保険がイメージできる画像

 

利率変動型終身保険って何?

 

利率変動型終身保険のしくみ

2001年4月の保険料改定を契機に、利率変動型終身保険の販売開始と、定期付終身保険の販売終了が相次ぎました。
それまで、利率変動型終身保険は一部の保険会社だけで取り扱われていました。今後は、生命保険の主流になる可能性もあります。

 

一般的な生命保険の場合、通常は契約時に適用される予定利率は、将来金利水準が変化しても、契約後に変更されることはありません。
しかし、利率変動型終身保険では、保険期間中に金利水準が変化した場合、その変化に基づいて適用する予定利率を変動させるというものです。

 

積立利率変動型終身保険と利率変動型積立終身保険

どこが違いますか?みなさんはどちらを選びますか?使っている文字は全く同じですが、配列が違います。そして、中身は天と地ほどの違いがあります。みなさんは、どちらを選びますか?

 

積立利率変動型終身保険のしくみ

積立利率変動型終身保険」を選択した場合、幸福が待っています。
利率変動型終身保険のうち、積立利率変動型終身保険の場合、予定利率は契約後一定期間ごとに見直されます。

 

適用される予定利率には最低保証があり、予定利率の見直しによって適用される利率が最低保証する利率より高く設定された場合には、それに応じて最低保証される年金額や保険金額、解約返戻金などが増えます。

 

つまり、契約の際に決めた保険金や解約返戻金は最低保証され、運用実績がよければ増加分が受け取れるというものです。

 

したがって、リスクは少ないといえます。さらに払い込む保険料は保険期間中は変わりません。

 

利率変動型積立終身保険のしくみ

利率変動型積立終身保険」を選択した場合、不幸が待っています。

 

大手生命保険会社が、「利率変動型積立終身保険」を販売したことを契機に、そのあと数社が追随して販売を開始しました。いずれの生命保険会社でも、定期付終身保険を販売終了とし、それに代わる主力商品として位置づけています。どのような商品なのでしょうか?

 

「進化する保険」といったキャッチコピーで、大手生命保険会社が、「利率変動型積立終身保険」を契機に、次々と保険商品の販売を開始しました。

 

その名も、「あなたと生きていく保険」、「保険を超える」などです。ユニーバーサルタイプの保険とも言ったりします。

 

この新しいタイプの「利率変動型積立終身保険」は、従来からある「積立利率変動型終身保険」と、とても名前が似ていますが、全く内容が異なるものなんですね。

 

「積立終身保険」の「利率変動」タイプなんです。

 

積立利率変動型終身保険と利率変動型積立終身保険の違いまとめ
保険の種類 保障内容 解約返戻金
積立利率変動型終身保険 契約時から生涯保障。死亡保険金(最低保障あり)と増加死亡保険金(運用結果による)。 最低保障あり。運用結果により、増額。
積立終身保険 保険料払込期間中:死亡保障なし。払込保険料程度の支払。

保険料払込期間満了後:生涯保障。

保険料払込期間中:払込保険料程度。

保険料払込期間満了後:満了後の経過期間に応じて増額。

利率変動型積立終身保険 保険料払込期間中:死亡保障なし。積立金(変動する)程度の支払。

保険料払込期間満了後:生涯保障。
積立金(変動する)により保障額は異なる。

保険料払込期間中:積立金(変動する)程度。

保険料払込期間満了後:積立金(変動する)により異なり、経過期間に応じて増額。

 


利率変動型積立終身保険のユニバーサルタイプって?

おすすめできないアカウント型ユニバーサルタイプ生命保険がイメージできる画像

 

利率変動型積立終身保険のユニバーサルタイプ

 

利率変動型積立終身保険のユニバーサルタイプって何?
 

生命保険会社が販売している「利率変動型積立終身保険」では、保障部分と積立部分(ファンド部分、アカウント部分などと言う場合もあります)が区別されています。

 

契約者はかなり自由に積立部分の出し入れができて、生命保険以外の金融商品(損害保険、銀行、投資信託)との資金移動を考慮したものもあります。

 

これら新たに登場したものは、ユニバーサル型の保険といわれています。

 

また、契約者は口座内でかなり自由に保障内容の変更、すなわち、転換ができるようにもなっています。
かなり複雑なしくみなので、理解することが困難であるため、契約時には注意が必要です。

 

ユニバーサル保険とは?

生命保険契約者が自由自在に払い込む保険料の中から、死亡保障に必要な定期保険料と付加保険料を差し引き、残額をその時々の利回りによって運用・利殖する生命保険のことです。

 

通常の生命保険商品と違うところは、運用ファンドの部分と死亡保障の部分が分離していることと、保険料の払込時期・払込金額が自在であることです。

 

積立利率変動型とか、利率変動型積立とか、名前だけ聞いただけでは、なかなか理解できませんよね。
いずれにしても、生命保険加入の目的をはっきりしておかないと、意味のないお金を支払ってしまっている可能性だってあります。

 

結婚、離婚、出産、妊娠、住宅の購入など環境が変わったり、家族が増えたりした場合には、保険の見直しを検討するようにしたいものですね。


 

 

 

生命保険のオススメがイメージできる画像

関連ページ

生命保険の内容が不安な方必見!ダメランキングと変更の方法
生命保険の内容が不安な方必見!ダメな保険内容の例と変更の方法。おすすめできない生命保険商品の名前.保険商品の名称が解りにくい!源氏名か!生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
定期保険特約付終身保険は更新型で見直し解約が必要なダメ保険
定期保険特約付終身保険とは?更新型生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険の更新型や転換の手続き※健康診断や病気の告知
生命保険の更新で保険料がアップ!生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。