生命保険 法人契約 メリット 節税

生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

会社経営者は法人で生命保険契約を検討しましょう

法人契約の生命保険のメリットがイメージできる画像

 

法人契約の生命保険

 

法人で生命保険に加入するメリット

法人保険には様々なメリットが挙げられます。

 

まず生命保険に加入する目的を明確にしなければなりません。加入する目的によって、選ぶべき生命保険の種類や設計方法が異なり、効果的に得られるメリットも変わってきます。

 

経営者・役員の方の死亡保障や社員の死亡時の弔慰金を準備

経営者に万が一があった場合、会社に資金があれば、事業を継続しやすくなります。

 

@銀行からの融資の全額返済に必要な金額とA新体制を組み直すまでの期間(おおよそ3ヶ月から6ヶ月間程度)に必要な運転資金の合計を目安に保険金を設定します。

 

また、社員の方に万が一のことがあった場合、ご遺族に弔慰金を支給するための原資として加入する生命保険です。

 

役員・社員退職金の準備

役員のうち、創業経営者様の場合、会社に対する功績が大きいため、退職金が高額に及ぶことがあります。

 

退職金の準備は生命保険以外で準備するためには、法人は毎年の決算申告で黒字申告を継続する必要があります。
つまり、税金を支払った後の利益で退職金の原資を準備する必要があるのです。その意味で、生命保険は有効な方法といえます。

 

会社の利益に応じて支払うの税金、法人税の節税

会社で多額の利益が決算前に予想される場合、この利益を圧縮する方法は、簡単ではありません。
決算期末に慌てて備品などを購入したとしても、屁の突っ張りレベルです。

 

4年落ちの高級会社を購入するなどの手段もありますが、生命保険を活用して事前に節税対策を講じるのがベストです。


法人契約の生命保険で万一の際のリスクをカバーする

法人契約の生命保険のメリットがイメージできる画像

 

法人契約の生命保険で万一の際のリスクをカバーする

 

法人契約の生命保険で経営上のリスク回避

中小企業の経営は、代表者個人の力量・裁量にかかる比重が大きいことから、万一、代表者である社長に万が一のことがあると、それがそのまま倒産リスクにつながってしまうことが少なくありません。

 

代表者名義で金融機関から借り入れがあったり、取引先との間に多大な買掛金があったりすると、会社のみならず、代表者の家族・親族にも影響を及ぼすことがあります。

 

生命保険を法人で契約することは、このようなリスクに対する備えとして活用することができます。


生命保険で法人税を節税して役員の役員退職金を準備する

法人契約の生命保険のメリットがイメージできる画像

 

生命保険で役員退職金を準備する

 

法人契約の生命保険で代表者の退職金準備

生命保険を活用してなぜ節税になるのか?という質問があります。オーソドックスなやり方をご紹介致します。

 

まず役員の方を被保険者とし保険契約を法人契約で行います。

 

そして、毎月の保険料を損金算入(経費として計上)することで事業年度ごとの経費が増加しますから、結果的に利益を圧縮することができます。
何年か経過後に解約返戻金がピークになったころで『退職金』という形で保険解約し解約返戻金を受け取ります。

 

特に代表取締役等の役員の方への退職金は高額になります。会社の規模にもよりますが、代表取締役の退職金は5,000万円を超えることもあります。

 

その際には多額の退職金という費用が計上され、その事業年度だけ利益が大きく下がる、もしくは大きな赤字にすらなる可能性があります。

 

解約返戻金を受け取った場合には雑収入として益金算入(収益として計上)になりますので、退職時には解約返戻金の益金と退職金という損金を相殺することで将来の利益も安定して事業を継続できます。

 

損金としていたものを将来的には益金となりますので、節税というよりはむしろ課税の繰り延べという言い方のほうがが正しいかもしれません。
今後は法人税の税率が下がる傾向にありますから、現在の税率より将来税率が下がれば、その分節税になります。

 

どのような生命保険が退職金準備に適しているのか

 

退職金準備に適した法人契約の生命保険

生命保険の種類には、解約返戻金があるタイプのものを選択します。

 

具体的には「長期平準定期保険」や「逓増定期保険」がよく選ばれています。
これらの保険は比較的高額な保険料の支払いとなるため、その分解約時の解約返戻金も高額になります。会社経営をしているからこそ契約できる保険です。

 

※「長期平準定期保険」や「逓増定期保険」の損金算入の金額は全額とはならず、一定の決まりに従って資産計上される金額があります。

 

例えば、半損(一般にハーフタックスと呼ばれます)であれば、支払保険料のうち、半分は損金算入、残りの半分は保険積立金として資産に計上されることになります。

 

損金に計上される金額と資産計上される金額については、保険商品ごとに十分確認するようにして下さい。


生命保険のオススメがイメージできる画像

関連ページ

受取人を法人や役員従業員の遺族とする定期保険の保険料
法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
受取人を法人又は役員の遺族とする長期平準定期保険の保険料
受取人を法人又は役員の遺族とする長期平準定期保険の保険料。法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
受取人を法人や役員遺族とする逓増逓減定期保険の保険料の経理
受取人を法人又は役員の遺族とする逓増定期保険の保険料の税務上の取り扱い。法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
受取人を法人とする定期付養老保険の保険料の経理処理と税務
受取人を法人又は被保険者とする養老保険の保険料の経理処理。法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
ハーフタックスプランの養老保険の福利厚生プランで退職金準備
ハーフタックスプランの養老保険の福利厚生プランで退職金準備。法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
法人契約の養老保険で福利厚生プランの注意点|経理処理は?
養老保険(福利厚生プラン)の注意点−同族・継続性・普遍的加入。法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
受取人が法人の終身保険や傷害特約の保険料の税務上の処理
法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
法人契約のリビング・ニーズ※ナーシング・ニーズ特約の保険料
法人契約のリビング・ニーズ、ナーシング・ニーズ特約の保険料。法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
受取人を法人とする法人契約の終身払の医療保険の保険料
法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
受取人が法人又は被保険者(遺族)とするガン保険の税務上の取扱い
受取人が法人又は被保険者(遺族)とするガン保険の税務上の取扱い。法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
法人契約の個人年金保険の保険料の税務上の取扱いと経理処理
法人契約の個人年金保険の保険料の税務上の取扱いと経理処理。法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
ガン保険医療保険に普通死亡保障が付加されている場合の法人保険
ガン保険医療保険に普通死亡保障が付加されている場合の法人保険。法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?
定期保険や養老保険の保険料を短期払いで支払った場合の経理処理
法人で生命保険契約する場合の保険の選び方と見直しのポイントを生命保険の仕組や目的別に解説。役員の退職金準備、法人の節税対策、養老保険を用いた福利厚生ハーフタックスプランなど法人契約生命保険の特徴を経理上の仕訳処理や税務上の取扱いに触れながら解説。税務署に否認されないように注意すべき点は何か?