生命保険 独身 男性 女性

生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

独身男性の保障内容や保険料など生命保険の見直しと選び方

20歳代独身男性の生命保険の見直しがイメージできる画像

 

独身男性の生命保険って必要?相場は

 

20歳代独身男性からの生命保険相談

数年前に転職し、今も一人暮らしの独身生活を満喫している35歳(Bさん)です。

 

新入社員として勤めた会社に出入りしていた生命保険会社の営業担当から、23歳の時に現在の保険に加入しました。
医療保障を多めにつけていますが、将来的にもこのままでいいでしょうか?

 

現在加入中の保険内容

名義

保険の種類

保障内容

保険料

本人 終身保険

死亡時1,100万円
災害死亡時1,650万円
入院日額7,000万円
買増権保証特約400万円

月1万3,207円
(主契約は60歳払込)

 

見直し後の保険内容

名義

保険の種類

保障内容

保険料

本人 終身保険 買増権保証特約だけ解約し、その他はそのまま継続

月1万2,635円
(主契約は60歳払込)

本人 医療保険

入院日額5,000円
3大疾病時一時金50万円

月3,451円

 

Iさん家庭の収支
《月間収支》
収入

給与(手取り)・・・・・・・・・・・・58万円

支出・貯蓄

家賃・共益費・・・・・・・・・・129,000円
駐車場・ガソリン代・・・・・・・40,000円
食費・・・・・・・・・・・・・・・・・150,000円
電気・ガス・水道代・・・・・・・20,000円
通信費・新聞代・・・・・・・・・20,000円
趣味・娯楽・・・・・・・・・・・・150,000円
保険料・・・・・・・・・・・・・・・・13,207円
貯蓄・・・・・・・・・・・・・・・・・・30,000円

 

支出・貯蓄合計・・・・・・・・・・・55万円

 

《ボーナス収支》
収入

年間手取り額・・・・・・160万円

支出・貯蓄

住宅ローン返済・・・・・・40万円
車の税金・保険料・・・・10万円
被服その他・・・・・・・・・50万円
貯蓄・・・・・・・・・・・・・・100万円

貯蓄総額 600万円

 

生命保険に入るポイントと見直しのタイミング※独身男性

 

独身は死亡保障は多くなくてよい

ファイナンシャルプランナー(以下「FP」):今現在の保険は、いつ頃加入されたんですか?
 
相談者Bさん(以下「Bさん」):23歳のとき、職場に来ていた保険会社の営業マンから入りました。

 

FP:独身シングルにしては死亡保障が多いので、負担が重ければ、半分くらいにする手もあります。
 ただ、予定利率のいい時期に加入されているので、余裕があればムダ使いしてしまいそうですから、このまま続けてもいいですね。
 
Bさん:そうですね。収入のほとんどを食費や娯楽に使ってますし、ムダ使いしてしまいがちなので。

 

FP:ただ、一定年齢までに死亡保障を増やせる買増権保証特約はあまり意味がなさそうなので解約してもいいと思います。
 
Bさん:そうですか。。。一人暮らしなので医療保障を多めにしたつもりですが、、。

 

FP:10年以上前だったら、会社員で7,000円は多めでしたが、今はそうでもないですよ。
むしろ、これからの年代、ガンなどが心配ではないですか?
 
Bさん:家系的にはうちは高血圧とか、そちらが心配ですね。

 

FP:それなら生活習慣病などに手厚い保障が受けられる医療保険をプラスしてもいいかもですね。
 
Bさん:なるほど、そうですね。

 

FP:あとは、この先ご結婚されて、子供が産まれたら、奥様のワークスタイルなどに合わせて逓減定期保険などに入ればいいと思います。


独身女性の保障内容や保険料など生命保険の見直しと選び方

独身女性の生命保険の見直しがイメージできる画像

 

独身女性の生命保険って必要?相場は

 

30歳代独身女性からの生命保険相談

 父親(69歳)と妹(33歳)と私(Nさん)の3人暮らしで、親の持ち家に住んでいます。
家計の一部を負担しています。同居の家族のために生命保険に入るべきでしょうか?

 

現在加入中の保険内容

名義

保険の種類

保障内容

保険料

無し 無し 無し 無し

 

見直し後の保険内容

名義

保険の種類

保障内容

保険料

本人

収入保障保険
(解約返戻金抑制型)

死亡時:年金月額11万円×20年 月1,562円
本人 定期保険 死亡時:1,000万円

月1,630円
(非喫煙者割引適用)

 

Nさん家庭の収支
《月間収支》
収入

給与(手取り)・・・・・・・・・・・・24万円

支出・貯蓄

自宅へ・・・・・・・・・・・・・100,000円
車両費・・・・・・・・・・・・・・10,000円
外食代・・・・・・・・・・・・・・35,000円
電話代・・・・・・・・・・・・・・10,000円
趣味・娯楽・・・・・・・・・・・35,000円
デパート積立 ・・・・・・・・・10,000円
貯蓄・・・・・・・・・・・・・・・・40,000円

 

支出・貯蓄合計・・・・・・・・・・24万円

 

《ボーナス収支》
収入

年間手取り額・・・・・・100万円

支出・貯蓄

住宅ローン返済・・・・・・40万円
趣味・娯楽・・・・・・・・・・30万円
貯蓄・・・・・・・・・・・・・・・70万円

貯蓄総額 540万円

 

生命保険に入るポイントと見直しのタイミング※30歳代独身女性

 

独身の死亡保障は少なくてよいが家族の生活も視野に入れて検討

相談者Nさん(以下「Nさん」):昨年父がリタイアしたので、生命保険に入らなければ、と思っています。
 
ファイナンシャルプランナー(以下「FP」):独身の方は一般的に死亡保障は不要または少額でよいですが、家族が経済的に困るなら、保険に入っておくと安心ですね。Nさんが万が一のとき、ご家族は経済的に困りますか?
 
Nさん:私が出している車関係の費用と生活費10万円がなくなると心配ですね。

 

FP:生活費などの必要額は年々減っていきますので、収入保障保険に入るといいですね。
それから、家族の住まいはどうなりそうですか?
 
Nさん:将来、リフォーム費用で1,000万円ぐらい必要になるかもしれません。

 

FP:そうですか、そしたらその分は、いつでも一定額の保険金が受け取れる定期保険で備えてはいかがでしょうか?
 
Nさん:入院したときの保障はどうしたらいいですか?

 

FP:貯蓄が少ないなら保険に入る必要性はあるけれど、貯蓄が多ければ、医療費などは貯蓄から出す方法もあります。Nさんは今の貯蓄を何かに使うご予定はありますか?
 
Nさん:今は特別予定はないです。

 

FP:会社員なので健康保険から傷病手当金がもらえるし、貯蓄もできているので、必ずしも必要ではありませんね。

Nさん:なるほど、そうなんですね。そしたら、保険に入らずに貯蓄で準備しようかな。

 

FP:ただし、貯蓄で備える場合、老後にかかる医療費分も貯蓄で用意してくださいね。

 

独身男性や独身女性の生命保険に入るポイントと見直しのタイミング

 

家族が経済的に困らなければ、生命保険は医療費保険だけでも準備!

独身男性や独身女性は、一人暮らしでも実家暮らしで同居の家族がいても、親などが経済的に困らない場合、基本的に死亡保障は必要ありません。

 

どうしても心配な方は準備しておくと安心できます。入院したときも、自分や家族が経済的にどのくらい困るのかを想像して、保険に入る必要性があるかどうかを検討して下さい。

 

貯蓄があっても、医療費が心配と思う方や、貯蓄ができない方は、日額5,000円程度の医療費保険に入るといいです。
医療保険は、1入院や通算の限度日数が商品によって異なりますから、それを確認して選ぶことが大切です。

 

また、働けなくなって収入が減った分をカバーするのであれば、収入保障保険に入る必要性も検討して下さい。特にガンが心配な方は、ガン保険だけに入っておく方法もあります。


30歳代の独身女性の生命保険の加入と見直しの事例

30歳代の生命保険の見直しがイメージできる画像

 

30歳代の独身女性の生命保険の加入と見直しの相談

 

結婚の予定はないが介護費用が心配

35歳、独身女性です。生命保険加入についてのご相談です。

 

加入している生命保険が満期を迎えたため、見直しを考えています。知人にかんぽの終身保険を勧められています。

 

本当にこれでいいのかな??と思い、いろいろと調べてはいるのですが、生命保険の商品の数が多く悩んでしまいます。

 

現在は、結婚の予定もありませんので、死亡保険金は少なくてよいと考えています。

 

ただ、将来的に病気になったときの長期の入院または通院、あるいは障害が残ったときの介護費用が心配です。

 

独身女性の生命保険に入るポイントと見直しのタイミング

 

30歳代の独身女性の生命保険の加入と見直しの事例(回答1)

 

ご要望の内容で生命保険の加入を検討するのであれば、「一時払い終身保険」がよいのではないでしょうか。

 

一時払い終身保険は積立の要素が高いのが特徴です。
ただし、加入時の予定利率が適用されます。もちろん、運用次第で保険金額が変わる変額タイプの商品もありますが、利率が変わらない定額タイプが通常です。
そのため、将来利率が上がってもこの予定利率の適用を受けてしまうのがデメリットとして懸念されます。

 

昨今は、日々社会情勢・経済状況が激しく変わる時代です。将来の利率変動を見極め、加入するタイミングが大切だと思います。

 

今は加入するタイミングではない、と判断された場合には、生命保険の加入を見送り、貯蓄にまわすのも一つの考え方です。

 

万一のことがおこった場合には、この貯金を取り崩して使えばいいからです。どうしても生命保険に加入するなら変額タイプも考慮しましょう。
変額タイプは運用が悪くても死亡保障金額は保障されるという特徴もあります。

 

入院や通院は、国民共済や県民共済が比較的お得だと思われます。
民間の生命保険の保険料に比べて、半分の保険料(共済掛け金)で加入できるケースも少なくありません。

 

ただし、安いものは安いだけの価値しかない、ということを常に意識しておいたほうがいいとも思います。

 

要介護に対応する生命保険商品も数多く登場しています。
他の保障内容と、支払保険料との総合的な兼ね合いでご判断されてはいかがでしょうか。

 

複数の保険商品を比較検討され、決定されるのがよいと考えます。

 

30歳代の独身女性の生命保険の加入と見直しの事例(回答2)

 

「一時払終身保険」は貯蓄と死亡保障を兼ね備えた保険商品です。

 

ただし、入院保障がありませんので別途保障を付け加える必要があります。

 

会社勤めのサラリーマン、自営業者、無職を問わず社保もしくは国保などに加入していれば、そのことと生命保険をセットで考えることも重要です。

 

介護費用や入院・通院に関しても、高額療養費制度もありますので、一度調べて見てください。どれだけ高額な医療費がかかっても月数万円以上を超えた分は、お金が戻ってくるという制度です。


32歳独身女性の保険見直し|個人年金生命保険で老後の資金作り

30歳代女性の生命保険の見直しがイメージできる画像

 

32歳独身女性の生命保険見直しのタイミング

 

独身女性の生命保険※個人年金生命保険で老後の資金作り

現在、生命保険の見直しを考えております。32歳の独身で女性です。

 

個人年金や生命保険(できれば解約返戻金の返戻率が高いもの)などを活用して老後の備えにしたいと思っております。

 

生命保険に関しては素人ですので、いろいろな生命保険会社の保険商品を比較検討したいと思っております。

 

専門家の方にアドバイス頂きたいと思い、ファイナンシャルプランナーに相談をしようと考えています。

 

一人の担当者の話しだと、偏ってしまうので、他の担当者のお話も聞いてみたいと思います。

 

どの様な所で相談するのがよいのか、また何を基準に選んだほうがいいのか、逆にやめておいた方が良い保険など
ご教授頂ければと思います。

 

独身女性の生命保険に入るポイントと見直しのタイミング

 

30歳代の独身女性の生命保険の加入と見直しの事例(回答1)

一口にファイナンシャルプランナーといっても、その担当者ごとにそれぞれ得意分野があります。

 

まず、生命保険に加入される目的をはっきりさせることが重要です。

 

老後のための資金づくりが目的なのであれば、生命保険での運用の他にも預貯金や投資信託などでの運用を検討するのもいいかもしれません。
もちろん、生命保険の特徴である、「保障」は預貯金や投資信託にはありませんので、ご注意ください。

 

気をつけなければならないのは、ファイナンシャルプランナーの営業成績つまり報酬は、生命保険商品によって変わります。

 

具体的には、貯蓄性の高い保険商品は成績カウントが低いです、逆に保障性の高い保険商品は成績カウントが高くなります。
したがって、保障性の高い保険商品を担当者が勧めてくる可能性がある、ということを知っておいてください。

 

もちろん保障が必要な方にとっては悪くないのですが、上手く説得されてしまうと本来の「貯蓄」という目的から外れてしまうことになります。

 

その点に関しては十分ご注意されたほうがいいかもしれません。

 

30歳代の独身女性の生命保険の加入と見直しの事例(回答2)

ファイナンシャルプランナーに相談されるのであれば、保険マンモスの評判がよく、おすすめです。

 

資産運用のプロの方もブログの中で、生命保険の無料相談では一番レベルが高いと書かれております。
また、老後の貯蓄目的と記載がありましたが、貯蓄性を重要視されるのであれば、保険でないほうがよいです。

 

なぜなら保険の主な役割は、リスクをカバーすることだからです。個人年金や個人型確定拠出年金も検討されてみてはいかがでしょうか。

 

30歳代の独身女性の生命保険の加入と見直しの事例(回答3)

生命保険会社にもさまざまなジャンルが存在します。

 

・国内の生命保険会社・・・日本生命、大同生命など
・外資系の生命保険会社・・・メットライフアリコ、ソニー、プルデンシャルなど
・損保系の保険会社・・・ひまわり生命など
・ネットや通販・・・ライフネット生命など

 

それぞれの立場によって異なる営業手法が存在します。

 

やたらと終身保険を勧める営業マン、掛け捨てで良いという営業マン、ネットや通販の方が事業費がかからず保険料が安いのでお得です、という営業マン。
自分に合った生命保険を求めるのであれば、時間をかけて、自分に合ったファイナンシャルプランナーを自分から探すしかありません。

 

自分と年齢や価値観、とりまく環境などが近い担当者ですと、自分の想いや考え方をより理解してくれる可能性も高いでしょう。
生命保険会社やファイナンシャルプランナーを選び方で、大きく異なった結果となりますから慎重に判断するようにしましょう。

 

保険のショップであっても他社へ行ってみて、比較j検討することも大切です。

 

例えば、来店型の保険ショップであれば、保険マンモスや、保険見直し本舗などもありますから、他社も検討する価値はあると思います。
その提案内容(設計書)のメリット、デメリットをしっかりと把握され、他の担当者に相談してみるのもいいと思います。
さらによい提案をしてくれるかもしれません。

 

 


生命保険のオススメがイメージできる画像

関連ページ

生命保険の入る時期まとめ!※いつがお得?ベストなタイミングは?
生命保険の入る時期まとめ!※いつがお得?ベストなタイミングは?生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険に入るのは年末調整前の方が控除額があってお得なの?
生命保険に入るのは年末調整前の方が控除額があってお得なの?生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
結婚前後の生命保険の相場と解約※受取人変更と見直し
結婚したら生命保険に入る準備を。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
学資保険は妊娠中に加入!いつからもらえる?いつ受け取る?
妊娠や出産は生命保険を考える時期です。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
学資保険代わりに終身保険の解約返戻金で教育資金や学費に利用
学資保険代わりに終身保険の解約返戻金で教育資金に備え学費に利用。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
住宅ローンを組んで住宅を購入したら生命保険見直しの時期
住宅ローンは生命保険の見直しのタイミング生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
老後に必要な生活費と貯蓄はいくら?※保険料は抑え下げる
定年後は保険の見直しのタイミング死亡保障は最小限で保険節約生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
30歳代の夫婦の生命保険の平均相場はいくら?見直し方法は?
30歳代の夫婦の生命保険の平均相場はいくら?見直し方法は?生命保険の見直し30代。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
30歳代夫婦で子供が産まれましたら生命保険見直しの時期
30歳代夫婦で子供が産まれましたら生命保険見直しの時期30歳代夫婦で住宅購入や子供の幼稚園入学で生命保険の見直し。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険の支払保険料を下げたい!30歳代の相場や目安は?
30歳代夫婦で子供2人の学費のため保険料を抑えたい下げたい相談です。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険のドル建てとは?20歳代の子持ちの夫婦でいくら?
生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。