生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

個人年金保険記事一覧

老後に公的年金を受け取る条件が、2017年8月から大幅に緩和されました。改正年金機構強化法が施行されたためで、年金の受取に必要な「受給資格期間」が25年から10年に短くなりました。このことにより、新たに約64万人が年金を受け取ることができます。短縮の意義や受給に必要な手続き、注意点などをまとめてみました。年金は将来もらえるのか?年金の納付が10年以上でもらえる公的年金は、「国民年金」を基本としてい...

確定拠出年金って何?確定拠出年金って、名前は聞いたことあるけど、何?って思われる方が多いと思います。確定拠出年金のメリットやデメリット、気になりますよね。確定拠出年金には、掛金を企業が拠出する企業型年金と加入者自身が拠出する個人型年金があります。確定拠出年金は、拠出された掛金が個人ごとに明確に区分され、掛金とその運用収益との合計額をもとに年金給付額が決定される年金制度です。もう少し噛み砕いていうと...

老後の年金を受け取るためには、手続きが必要です。書類を提出しなかったために、年金の振込額が減った高齢者が多いことが明らかになっています。主な手続きの原則的な方法をまとめてみましたので、参考になさって下さい。年金をもらうための手続きは?年金をもらうための手続きに必要な書類は「年金請求書」受給資格を得ても、手続きをしなければ年金を受け取ることはできません。手続きに必要な書類は「年金請求書」といいます。...

年金支給漏れ−上乗せ分10万6000人厚生労働省は、2017年9月13日、65歳から受け取る基礎年金に一定額を上乗せする※「振替加算」について、1991年以降、元公務員の妻ら10万5963人分、合計598億円の支給漏れがあったと発表しました。未払額としては過去最大規模で、厚生労働省は日本年金機構を通じて、11月中旬に全額が支給される予定です。年金機構と共済組合の連携不足が主な原因で、厚生労働省はシ...

トンチン年金と呼ばれる新しい個人年金保険が注目されています。あまり、長生きできなかった場合は損をしてしまいますが、年金の受け取り額は通常よりも多くなります。生きている限りは年金がもらえる終身年金を選べば、長生きするほど受け取り総額が膨らみます。これからの人生100年時代を生きる備えになるとして、注目されています。トンチン年金とは?トンチン年金とは新しい仕組み2016年4月、日本生命が国内で初の商品...

生命保険のオススメがイメージできる画像