生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

生命保険と税金の関係記事一覧

 養老保険は、@死亡保険金(死亡したとき)、A満期保険金(満期のとき)と同額の保険金を受け取ることができます。保障のほか貯蓄の機能もあります。養老保険と税金満期保険金を受け取ったときの税金満期保険金を受け取ったときの税金については、契約者、被保険者、受取人とも本人の場合は、一時所得となり、所得税がかかります。死亡保険金を受け取ったときの税金死亡保険金を受け取ったときの税金については、契約者、被保険...

生命保険満期時の税金の関係※受取人が誰かで税金が変わる生命保険の満期時には、所得税または贈与税がかかる可能性があります。生命保険に加入するときには、満期時にどのような税金がどれだけかかるかをよく考えて、なるべき手取り額が多くなるように事前に計算しておく必要があります。生命保険の加入形態と課税関係被保険者契約者(保険料を支払った人)受取人(保険金を受け取る人)課税方法夫夫妻や子供相続税夫妻妻所得税夫...

生命保険(定期保険)を法人契約して法人税を節税法人契約で社長を被保険者とする生命保険の税務上の処理当社は、将来、経営者に万が一のことがあったときに備えて、この度、決算を迎えるにあたり、社長を被保険者とする生命保険に加入することになりました。この場合の税務上の取り扱いを教えてください。契約者会社被保険者社長(50歳)保険金受取人会社保険金1億円年払保険料200万円保険期間25年法人契約の生命保険※支...

生命保険会社別に比較定期保険の保険料と解約返戻金を比較実際の保険料について、保険会社別に比較して見ましょう。対象となる保険会社は誰もが知ってる保険会社の保険料です。御社の法人契約の保険は、ムダな保険料を支払っていませんか?生命保険会社毎の保険料と解約返戻金を比較してみました。比較対象となる生命保険は、会社を経営されている方が法人契約の保険です。法人契約の保険は、節税対策と将来の退職金の準備を目的と...

法人契約の低解約定期保険を生命保険会社毎に比較法人契約の定期保険(低解約型)の商品別に比較御社の法人契約の保険は、目的別に分散契約できてますか?生命保険会社毎の保険料と解約返戻金を比較してみました。比較対象となる生命保険は、会社を経営されている方が法人契約の保険です。次は、定期保険(低解約型)の商品別に比較しました。保険金額1億円、契約時年齢50歳でT生命、N生命、A生命の3社を比較してみましょう...

自社株対策のための法人契約生命保険顧問税理士に勧められた保険に法人契約してませんか?自社株の評価を引き下げるためには、法人の利益を圧縮し、毎期節税対策を講じることが必要です。法人の節税対策を行うことが、結局自社株評価の引き下げにつながるわけです。将来退職金を支給して、株価を一気に引き下げた時点で、次の後継者に保有している株を譲り渡す方法です。将来の退職金は生命保険を活用して準備することが有効です。...

節税保険に国税庁が待った法人税の節税効果をうたい、中小企業を中心に加入が増えている法人向けの生命保険について、国税庁が税務上の取り扱いを見直すこととなりました。保険料を経費として算入できる割合を制限する、というものです。営業現場で節税面が強調され、生命保険の本来の目的から逸脱しているとの指摘があります。国税庁は、「解約返戻金」の返戻率が50%を超える保険については、節税目的の加入にならないよう保険...

生命保険のオススメがイメージできる画像