民間保険 公的保険 違い

生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

民間の保険と公的な保険の相違点

生命保険のおすすめ無料相談がイメージできる画像

 

保険には、民間の保険と公的な保険があります。

 

それぞれの内容を理解して、保障の重複や漏れのないようにしましょう。

 

また、公的な保険は、強制力がある点で税金とあまり変わりませんので、税金と同じように関心を持つ必要があります。

 

項目

民間の保険

公的な保険

目的

国民生活の安定
(保険業法第1条)

国は、社会福祉、社会保障および公衆衛生の向上および増進に努めなければならない。
(憲法第25条)

性格

任意

強制
小規模企業共済と中小企業退職金共済は任意

種類

生命保険
損害保険

健康保険
介護保険
雇用保険
労災保険
厚生年金
国民年金
小規模企業共済
中小企業退職金共済

保険金の額

契約により異なる。
一度決めたら不変で、配当は変動する。

法律により一定額。
法律の改正により変わる。

保険金の支払保障

金融庁が保険会社を監督する。 国の事業

解約

自由

できない。
小規模企業共済と中小企業退職金共済は自由

保険料の決め方

自由(上限あり)

所得に応じて決定。
小規模企業共済と中小企業退職金共済は任意(上限あり)

税金

支払時:生命保険料の控除など若干の配慮がある。

 

受取時:若干の配慮がある。

支払時:全額所得控除など。

 

 

受取時:非課税または優遇税制

 

将来を予想して、保険を検討しましょう

厚生年金や国民年金は、自分が在職中に納めた金額を将来利息をつけて自分がもらうのではなく、今、自分が納めている保険料は今どこかの誰かが受取り、将来自分が受け取る年金額は、その受け取る時期に納めている人の保険料によります。

 

現在の日本では、今後ますます平均寿命が延びて、年金をもらう人の数が増えます。その一方で、逆に子供の数が減って将来、保険を納める人の数が少なくなります。

 

したがって、将来的には、支給開始年齢の引き上げ、支給金額の減少、所得制限や資産制限、納付金額の増加、増税などが行われることが充分予想されます。将来の生活を考えるときには、このことを念頭におく必要があります。

 

公的年金のみでは、絶対に不十分ですから、民間の保険を早い段階で検討して下さい。


預金と生命保険の違い

生命保険のおすすめ無料相談がイメージできる画像

 

金銭面からみると、将来のリスクに備える手段として、「預金」と「保険」があります。

 

預金と保険はどう違うのでしょうか。預金と保険の性格の違いを理解して、合理的な将来設計を立てましょう。

 

預金と生命保険の特徴

生命保険は契約のその日から、死亡などの場合に、保険金の全額が支払われますが、預金の場合は必要額に達するまでに時間がかかります。

 

いつ起こるかわからないリスクに備えるためには、生命保険、期日のわかるリスクに備えるためには、預金と、区別することができます。

 

長期と短期

預金の期間は、満期の定めがなく、いつもでおろすことができる普通預金や貯蓄預金、1ヶ月や1年満期の定期預金など、比較的短期のものが多く、これに対して生命保険は、10年満期や終身(死ぬまで)など長期のものが多いといえます。

 

将来の予測は、予測する期間が長ければ長いほど難しいといえます。また、誤った決断をすると、誤った状況が長期にわたって継続することになりますから、慎重な判断が必要となります。

 

解約の損得

預金を解約した場合には、元本+預金の利息が戻ります。生命保険の場合には、全く戻ってこない場合(掛け捨て)や、一部しか戻ってこない場合(契約してから日が浅い場合など)があります。

 

これは、生命保険では契約から解約までの間、もし死亡した場合に保険金を受け取ることができるというサービスを受けていたわけで、このサービスに対する対価の分が戻ってこないといえます。
解約を考えた場合、生命保険に加入するときは預金をする以上に慎重になる必要があります。

 

目的以外に備えられるか?

預金は満期になれば元本と利息の合計額が自由に使えます。途中で解約したとしても元本+預金の利息を自由に使うことができます。

 

これに対して、生命保険の場合には、保険金がおりるのは契約で定めた場合だけなので、当初の目的以外には使いづらいといえます。

 

たとえば、預金なら住宅取得にも老後の生活費にも使えます。しかし、死亡に備える生命保険を途中で住宅取得のために使うということは難しいといえます。
生命保険に加入する場合には、目的をはっきりさせることが重要です。

 

利息と保険金

預金者には必ず全員に利息が付きますが、保険金は全員が受け取れるわけではありません。
その分、万が一の場合の一人あたりの保険金受取額は多いです。

 

税金

預金は原則として利息の20.315%が税金となります。
⇒生命保険にかかる税金についてはこちらを参照してみてくださいね。

 

 

一時的な資金の借入

預金は総合口座、生命保険は契約者貸付金により、一時的な資金の借入をすることができます。
ただし、預金の総合口座のほうが利率は低く、また銀行の店舗が多いことから借りやすいということがいえます。

 

 

《預金と生命保険のバランス》

預金がよいか、生命保険がよいかではなく、両者のバランスが重要です。

 

また、人それぞれがおかれている状況によってもかなり違います。リスク分析表を作成しながら、将来を予想して、自分に適した預金と保険を考える必要があります。

 

リスク分析表を作成する際には、自分だけでなく家族全体を考慮することも大切です。

 

 


生命保険のオススメがイメージできる画像

関連ページ

生命保険内容は家族で共有※生保大手の保険金請求漏れの防止策
保険内容は家族で共有 請求漏れの防止策。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
年金もらえない世代|もらえる年齢期間や条件と金額は?
年金もらえない世代格差 個人年金保険でご準備を。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険会社ランキング※保険料等収入で第一生命が日生を上回る
保険料等収入で、第一生命が日本生命を上回る。生命保険の選び方と見直しのポイントを解説。生命保険の基本的知識を解説します。おすすめできる生命保険とダメな生命保険を記載。生命保険に加入するタイミングを結婚・住宅購入・子供の学資保険ごとに解説。また、会社経営者の生命保険の活用方法では、退職金準備や節税対策までをご紹介致します。
医者に行く前に生命保険に入ってしまう
医者に行く前に生命保険に入ってしまう。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
保険証券を紛失してしまった場合は?解約か再発行
保険証券を紛失してしまった場合はどうすればいいか。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険の受取と時効※請求方法に必要な書類|診断書
保険金の受取と請求方法。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険※解約返戻金と税金|解約のタイミングはいつ?
解約返戻金−生命保険はいつでも解約できます生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険のクーリングオフとは?書き方やペナルティ
生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険の告知内容※告知義務違反はばれるか?時効は5年?
告知義務に違反したら保険金が支払われない可能性があります。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
保険金が支払われない場合はどんなとき?|自殺※殺人※死刑
保険金が支払われない場合−自殺・殺人・死刑−。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険の保険料減額と払済※延長や自動振替貸付と失効復活
保険料が支払えなくなった場合の減額、払済、延長、自動振替貸付生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
タバコや肥満と生命保険料の比較|喫煙者と非喫煙者の違いは?
タバコや肥満と保険料の関係−喫煙者と非喫煙者の比較。タバコや肥満と保険料の関係生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。タバコ吸う人吸わない人
生命保険料の支払方法※払込期間と保険期間の違いって何?
保険料の支払方法生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険の専門用語
生命保険の専門用語生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険会社から借入する自動振替貸付制度と契約者貸付って何?
生命保険会社から借入する自動振替貸付制度生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険種類|死亡保険※生存保険※生死混合※定期※終身,養老
生命保険は死亡保険,生存保険,生死混合保険の3つのタイプ。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。