生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

必要保障額の計算方法や平均と目安|生命保険の選び方と見直し記事一覧

生命保険の必要保障額って??必要保障額は、生活費、教育費、住宅費の3つ「必要保障額」−生活マネー関連の雑誌や書籍でファイナンシャルプランナーがよく使う言葉です。生命保険の代理店や生保レディならこんなふうに話をします。あなたが亡くなった時に、大切なご家族に残すべき必要保障額は、これだけの金額になります要するに、残された家族のその後の生活設計を考えたうえで、その備えとしていくら必要なのか?ということで...

生命保険の必要保障額を下げるには?死亡後の収入を算出生活費・教育費・住宅費の「支出分」をそれぞれ割り出したら、次は予想される「収入」がどれだけあるのかを考える必要があります。生活費・教育費・住宅費といった支出項目を考えて計算した必要保障額からマイナスできるのは、この「収入分」になります。そして、最終的にその収入分を差し引いた金額が、死亡保障を使って準備しなくてはならない必要保障額となります。ご主人...

自分(パートナー)が死んだらどんな費用が必要になるか?一家の大黒柱(夫)が亡くなった場合もしも、自分に万が一のことがあったら、残された家族はどうなるでしょうか?精神的&経済的に大きなダメージを受けることになります。夫が一家の大黒柱として働き稼ぎ、妻が専業主婦というごく一般的なファミリーの場合を考えてみましょう。夫の収入が途絶えてしまうと一気に給与収入がゼロになってしまいます。遺族年金などの公的保障...

死亡保障額の相場や平均はいくらぐらい?死亡保障と医療保障と貯蓄を考える生命保険に加入するときや、見直しをするときには、そもそもなぜ生命保険が必要なのか、という加入目的に戻って考える必要があります。一般的には、自分が万が一のとき、残された家族が経済的に困らないようにするためと、病気やケガをしたときの医療費などに備えるため、というのが一番の目的のはずです。さらに、子供の教育費や老後資金を準備するための...

生命保険のオススメがイメージできる画像