生命保険 死亡保障 目安 平均 相場

生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

生命保険の死亡保障額の相場や平均は?

20歳代30歳代40歳代の生命保険の選び方と必要保障額の計算方法がイメージできる画像

 

死亡保障額の相場や平均はいくらぐらい?

 

死亡保障と医療保障と貯蓄を考える

生命保険に加入するときや、見直しをするときには、そもそもなぜ生命保険が必要なのか、という加入目的に戻って考える必要があります。

 

一般的には、自分が万が一のとき、残された家族が経済的に困らないようにするためと、病気やケガをしたときの医療費などに備えるため、というのが一番の目的のはずです。

 

さらに、子供の教育費や老後資金を準備するための、貯蓄を兼ねて利用される方もおられると思います。

 

このようなニーズに合わせて、生命保険には大きく分けると以下の3つのタイプの保険があり、それぞれの目的に合わせてさまざまな種類の生命保険商品が用意されています。

 

  • 1.死亡に備える保険
  • 2.病気やケガに備える保険
  • 3.貯蓄を兼ねて備える保険

 

3つのうち、特に重要なのが、死亡保障医療保障です。これを適切な額で優先的に確保することが大切です。

 

貯蓄を兼ねて備える保険は、他の金融商品にはないメリットと、保険料のバランスを考えて検討するようにしましょう。また、年齢によって取り巻く環境が異なります。

 

20代30代40代、シングルか配偶者があるか、子供の有る無し、賃貸か持ち家か、夫婦共働きか、それぞれの置かれている立場によって必要な保障額は異なってきます。

 


死亡保障はいくら必要か?

20歳代30歳代40歳代の生命保険に入るタイミングと必要保障額の計算方法がイメージできる画像

 

死亡保障はいくらぐらいあればいいのか?

 

死亡保障の必要保障額の目安と平均のまとめ

 

上記でも述べましたが、生命保険に加入したり、見直すときには、死亡保障がどれくらいあればいいかがポイントになります。

 

しかし、自分や家族に適切な保障額がわからなければ、生命保険に加入する金額や見直しが必要な金額もわかりません。

 

必要な保障額は家族形態などで異なってきます。具体的には、シングルか既婚者か、共働きの家庭か専業主婦家庭か、子供の有無や住まいによっても必要保障額は違ってきます。

 

例えば、シングルの人や、子供のいない共働き家庭では残された家族が経済的に困ることは少なく、高額の死亡保障は必要ありません。

 

逆に子供がいたり、妻が専業主婦の家庭では生活を支えている夫死亡保障を多めに備える必要があります。

 

また、夫が万が一のときに、妻が働くという家庭では、夫の死亡保障を、妻の働き方に応じて抑えることができます。

 

医療保障は、死亡保障ほど家族形態などで大きな変化はありませんが、自営業の家庭では、会社員家庭より公的保障が少ないため、死亡保障と同様に多めに加入しておく必要があります。

 

タイプ別の死亡保障の目安の金額

 

未婚でシングルの方の死亡保障の目安の金額

家族形態:仕事:性別

住まい

子供の数

死亡保障額目安

シングル:男女とも

親と同居

300万円程度

シングル:男女とも

1人住まい

300万〜500万円

シングル:男女とも

持ち家

300万円程度

 

既婚で子供がいない家庭の方の死亡保障の目安の金額

家族形態:仕事:性別

住まい

子供の数

死亡保障額目安

既婚:共働き:夫

賃貸又は持ち家

1000万〜2000万円

既婚:共働き:妻

賃貸又は持ち家

300万〜1000万円

既婚:専業主婦家庭:夫

賃貸又は持ち家

1000万〜2500万円

既婚:専業主婦家庭:妻

賃貸又は持ち家

300万〜1000万円

 

既婚で子供がいる、仕事は共働きで会社員や公務員の方の死亡保障の目安の金額

家族形態:仕事:性別

住まい

子供の数

死亡保障額目安

既婚:共働き会社員:夫

賃貸

1人〜2人

3000万〜4000万円

既婚:共働き会社員:夫

賃貸

3人〜4人

4000万〜5000万円

既婚:共働き会社員:夫

持ち家

1人〜2人

2000万〜3000万円

既婚:共働き会社員:夫

持ち家

3人〜4人

3000万〜4000万円

既婚:共働き会社員:妻

賃貸

1人〜2人

1500万〜2000万円

既婚:共働き会社員:妻

賃貸

3人〜4人

2000万〜3000万円

既婚:共働き会社員:妻

持ち家

1人〜2人

1000万〜1500万円

既婚:共働き会社員:妻

持ち家

3人〜4人

1500万〜2000万円

 

既婚で子供がいる、仕事は共働きで自営業の方の死亡保障の目安の金額

家族形態:仕事:性別

住まい

子供の数

死亡保障額目安

既婚:共働き自営業:夫

賃貸

1人〜2人

4000万〜5000万円

既婚:共働き自営業:夫

賃貸

3人〜4人

5000万〜6000万円

既婚:共働き自営業:夫

持ち家

1人〜2人

3000万〜4000万円

既婚:共働き自営業:夫

持ち家

3人〜4人

4000万〜5000万円

既婚:共働き自営業:妻

賃貸

1人〜2人

1500万〜2000万円

既婚:共働き自営業:妻

賃貸

3人〜4人

2000万〜3000万円

既婚:共働き自営業:妻

持ち家

1人〜2人

1000万〜1500万円

既婚:共働き自営業:妻

持ち家

3人〜4人

1500万〜2000万円

 

既婚で子供がいる、専業主婦家庭で仕事は会社員や公務員の方の死亡保障の目安の金額

家族形態:仕事:性別

住まい

子供の数

死亡保障額目安

既婚:専業主婦会社員:夫

賃貸

1人〜2人

4000万〜5000万円

既婚:専業主婦会社員:夫

賃貸

3人〜4人

5000万〜6000万円

既婚:専業主婦会社員:夫

持ち家

1人〜2人

3000万〜4000万円

既婚:専業主婦会社員:夫

持ち家

3人〜4人

4000万〜5000万円

既婚:専業主婦会社員:妻

賃貸・持ち家

500万〜1000万円

 

既婚で子供がいる、専業主婦家庭で仕事は自営業の方の死亡保障の目安の金額

家族形態:仕事:性別

住まい

子供の数

死亡保障額目安

既婚:専業主婦自営業:夫

賃貸

1人〜2人

5000万〜6000万円

既婚:専業主婦自営業:夫

賃貸

3人〜4人

6000万以上

既婚:専業主婦自営業:夫

持ち家

1人〜2人

4000万〜5000万円

既婚:専業主婦自営業:夫

持ち家

3人〜4人

5000万〜6000万円

既婚:専業主婦自営業:妻

賃貸・持ち家

500万〜1000万円


生命保険のオススメがイメージできる画像

関連ページ

生命保険の選び方と見直しは必要保障額の平均や目安を計算から
必要保障額の考え方。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
生命保険の必要保障額の平均目安や計算は死亡後の収入がベース
死亡保険の必要保障額を下げる計算は死亡後の収入がベース。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。
保険の必要保障額はいくら?独身の方や共働き家族や子供の有無
生命保険の必要保障額目安は?独身・共働き・主婦・ファミリー。生命保険の選び方と見直しのポイントは?生命保険の仕組やおすすめできる生命保険とダメな生命保険やメリットデメリットは?必要保障額の考え方、加入するタイミングはいつ?定期終身養老の特徴。結婚・住宅購入ローン・学資保険・医療保険がん保険・就業不能保険ごとに解説。会社の退職金準備や節税対策。生命保険会社とファイナンシャルプランナーの選び方。